大分駅南口エリア 医療法人黎明会 工藤クリニック 美容皮膚科

女性 薄毛治療

女性の薄毛治療

男性の薄毛の原因は、半数が男性型脱毛症(AGA)と言われています。主に、後頭部や額の生え際が後退するタイプの薄毛です。

 

一方女性の場合は、妊娠や出産、閉経などによるホルモンバランスの乱れなど、女性特有の原因が考えられます。

 

主な症状として、局所的な薄毛や脱毛より
 「毛が細くなる」 「コシがなくなる」
 「髪全体のボリュームがなくなる」
といった訴えが多い傾向にあります。

FAGA

 

脱毛の原因

 

加齢

 髪全体が薄くなり、頭頂部や分け目の皮膚が透けて見えてしまう薄毛の症状を「びまん性脱毛症」と言います。女性に多く見られる症状で、更年期前後によく見られます。。

 

過度なダイエット

 必要な栄養分を毛髪の毛母細胞に届ける事が出来ず、毛髪が抜けたり、艶が失われたりパサつき等、薄毛や脱毛の原因になります。

 

生活習慣

 偏った食生活や、生活リズムの乱れ、運動不足などは、血行不良やホルモンバランスの乱れなどの原因となり、脱毛や薄毛の要因となる場合があります。

 

妊娠・出産

 妊娠後期の女性ホルモンの影響で髪の毛の周期が乱れ、成長期にあった髪の毛が一気に休止期に入り、抜け落ちてしまうことが原因です。
通常は半年から1年ほどで回復するといわれていますが、高齢出産や、産後のストレスなどによって、薄毛の回復に時間がかかることもあります。

 

ヘアースタイル

 ポニーテールなど、長い期間同じ箇所をひっぱりつづけた髪型を維持することによって、ひっぱられた部分が薄くなることを「索引性脱毛症」といいます。

 

治療法

 

  当院では、内服治療を行っております。

 

治療の流れ

 

  1. カウンセリング 診察 (要予約)
  2. 血液検査 (検査結果が出るまで2日ほど要します)
  3. 処方 (血液検査の結果、問題がなければ治療開始となります)
  4. 再診 (約1ヶ月後に来院、写真撮影・処方)

 

費用

 

 初診料         3,000円(税抜)
 血液検査        4,000 〜 7,000円(税抜)
 内服薬(30日分)   25,000円(税抜)

 

効果と副作用について

ミノキシジル

 ミノキシジルは、元々高血圧の処方薬として開発された薬剤です。ところが治療中の患者に多毛症が認められたことから、医療用の発毛剤として改めて開発されました。(※日本ではミノキシジルを高血圧の治療薬として処方はしていません。)
 ミノキシジルは主に血流を良くする事で毛細血管から毛乳頭に栄養を与え、発毛を促します。ミノキシジルは女性でも服用することができます。

 

主な副作用
  • 初期脱毛       ・・・服用後、一時的に抜け毛が増える
  • 多毛症        ・・・ミノキシジルの効果により頭髪以外の毛(体毛)が濃くなる
  • 顔や足のむくみ    ・・・血管拡張作用により体にむくみが出る
  • 低血圧        ・・・血管拡張作用により血流が良くなり、低血圧になる
  • 肝臓への影響     ・・・薬が肝臓で代謝されることにより肝機能に影響が出る
  • 動 悸        ・・・血液循環がよくなり心臓に負担がかかり、動悸が起こる
  • 立ちくらみ・めまい  ・・・血管拡張効果により血圧が急激に変化し脳の血圧が不安定になる

など

 

禁忌・注意事項
  • 心疾患のある方
  • 低血圧の方
  • 肝疾患のある方
  • 腎疾患のある方
  • 妊娠中・授乳中の方
  • その他、治療中の病気がある方

 

 AGA治療は継続することで効果が得られます。また、治療薬の効果が実感できるようになるまでに、個人差はありますが、早くても3ヶ月ほどかかります。
 また、効果が出たからといってやめてしまえば、徐々に元の状態へ戻ってしまうため、継続しなければその効果は持続しません。

 

髪が生えることを保証する治療ではありません。効果には、当然個人差があります。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ